Entries

ひめみこの詩 ①


ある日 太子さま 最後のおもいがとどきました
わが魂(たま) 源にかへり 消めつす
時せまり
金龍の御魂とりこみ 地球(テラ)護(まも)らむ

あれから十八年ずうーっと ひめみこは 心の奥で 思っていました
テラは 太子さまが 護っていて下さるから大丈夫

十月のある日
ひめみこは テラをおもっていました

テラをきよめるよ

神さまが 透きとおった光で テラをいっぱいにされました

テラは 光で満たされ 満ち満ちて 満ちあふれ
まっぷたつに割れ
一気に オレンジ色のような 黄色いような
煙が モクモク モクモク 噴きあがり
テラの姿がわからなくなりました

え? なに? どうしたの

ひめみこは じっと瞳(め)をこらしていました
なんと 煙の中から
やさしい眼をした 白はだ色に光り輝く龍が現れたのです

だけれど
テラは 何事もなかったように いつものテラでいました

ひめみこは 神さまに たずねました

テラは 新しくなるんだよ
テラで生きる人間も 新しく生まれるんだよ


次の日も
神さまは テラを光でいっぱいにされました
光に満ち満ちたテラから 
二分(にぶん)する線上に 火の柱がたちました

今度はなあに?

火の中から 雄々しく銀色に輝く龍が現れました
すると テラは 消えてしまって
テラが 龍になっちゃった と
ひめみこは あせりました

ひめみこには テラが見えませんでした
けれど
神さまは きょうも テラを光でいっぱいにされました

ひめみこはさがしました
テラはどこ?  どこにいるの?

テラは 金環日食を 観ている様に
まあるい光の輪の中
影の様に くろい姿で みつかりました

神さまは いっぱい いっぱい 光をおくり続けて下さいました

ひめみこは たずねました
この光は なあに?
龍さんは?

ひめみこ
メシヤの光だよ すべてを生かす光
いつくしみの心を持つように
テラを救うために 龍を生んだんだよ


ひめみこは
神さまが 光でいっぱいにされるテラを
きょうも じぃーっと みつめていました

テラの一部 北の極が ほんのり青く白く みえました




                            平成25年10月21日~10月23日のこと
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

Author:∞
ご訪問者さまへ

「ひめみこの詩」 には
地球~テラ~の魂のよみがえり
テラ・神々さまからのメッセージ
を記させて頂いております
 
2014年2月以降の
新しいメッセージは
ホームページに掲載しております

リンク▶HP テラ~再生への旅~

よろしくお願いいたします

       2014/03/24    
          ~感謝をこめて~
   

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック